先輩社員より


名前
田辺 綾枝
                             
入社年
平成19年度入社
現在の私の仕事
事務
後輩へ一言
私の就職活動を通して、出会った言葉を紹介します。

「長い人生の中で、たった半年のことも真剣に本気でできないような人に仕事は

できない」

ということです。就職活動をしているときは、周囲の人が内定をもらっている中、

自分だけが決まらず焦ることもあるかもしれません。

就職活動で大切なことは、自分に自信を持つことだと思います。自分に何がで

きるのではなく、自分が何をしたいのか、就職活動が終わって後悔しないように、

最後まで諦めずに自分に自信を持って頑張ってください。


名前
宮野 めぐみ
入社年
平成23年度入社
現在の私の仕事
営業、商品開発
後輩へ一言
現在、就職活動をされている皆様へ。

皆さんは、将来どのような仕事がしたいと思って、就職活動をされている

でしょうか。 特定の会社や業種につきたいと目標を持っている人、まず社会に

出て自分の可能性を試したいと思っている人、様々だと思います。私自身は、  

まさか自分が、営業職として社会に出るとは思ってもいませんでした。

「営業職=飛び込み営業=断られる」、というイメージが頭の中に出来上がって

いたので、入社して営業部に配属されるまで、怖くて仕方がありませんでした。

ですが、縁あってこの会社に入社し、少しでも営業を経験して感じたことは、

まさに「案ずるより産むが易し」ということです。すごく話しにくく、苦手だと

思っていた得意先の人が、実はすごく積極的に自分の提案を聞いてくれたり、

逆に、絶対に採用してもらえると思った提案が却下されたり。いいことも悪い

ことも、実際にやってみないと分かりません。けれども案外、「やってみたら、

できた」ということが多いです。それに失敗したら、反省して次に活かせばいい。

いい結果も悪い結果も、間違いなく「経験」という糧になります。

就職活動も同じです。面接や筆記試験を不安に思って、眠れない夜を過ごす

よりも、まずは行動あるのみ。自分から歩き出さなければ、周りの景色は変わり

ません。就職活動期間は、いろんな会社を通して社会に触れることが出来る、

社会人になるための貴重な準備運動期間です。いい結果からも、悪い結果からも、

自分なりに何かを勉強しようと心がけていれば、就職活動が終わった後、自分の

成長を実感できるはずです。がんばりましょう!!

採用情報